飲水は味と安全性にこだわって!

人は生きていくうえで飲水を欠かすことができません。ですが、口にする水が安全ではなかった場合、少しずつ体にダメージを与えていく可能性もあるのです。そこで注目したいのが、天然水です。「飲水は水道水でも十分」と考えている方もいらっしゃるでしょう。確かに日本の水道水は塩素により、しっかり殺菌・消毒が行われているため、安全性が高く、そのままでも飲めるという考え方もあります。ですが、天然水と比較してみると、味やにおいが気になるという方も多いですね。この味やにおいで感じる違和感は、水道水に含まれるカルキによるものです。また、他にも水道水には発がん性があると言われるトリハロメタン、中毒の原因になる鉛なども含まれており、決して安全とは言い切れないのです。このような水道水を飲水として利用し続けると、すぐには異変が起こらなくても、将来的に何らかの影響が出てくる可能性があると考えられます。これを防ぐためにも、有害な物質を含まない安心な天然水を飲むことがおすすめなのです。天然水はカルキ臭もなく、味も、産地ごとに含まれるミネラルなどにより、水道水よりもずっとおいしくいただけます。生きていくうえで欠かせない飲水は、そんな「飲む楽しみ」がある天然水を選びましょう。

バックナンバー

↑PAGE TOP